レビューを書くバイト

私はある商品のレビューを書くバイトをした事がある。

ネットショップのレビュー欄にコメントを書くと言う仕事だったら一件書いたら2000円というものだった。

レビューと言ってもその商品は持っていないw使った事も見た事もないのであるw

一応ネットでその商品の事を簡単に調べてさしも持っているかのような感じで文章を書いた。

時間にして20分も掛かっていない。それで2000円。正直美味しすぎる笑

数があるならそれを本職にしたいくらいである。

なんにしろ商品を使った事もない私にレビューを書けと言ってくる会社もいかれていると思ったがきっとそんなこと日常茶飯事に行われていることなのだろう。

それからというものレビュー自体全く信用できなくなってしまった笑

悪いレビューを見ると本当に買った人なのかな?とも思える、なぜならそこには商品を買った人の恨みが原動力となっているからだ。

買った商品がそれなりによかったとしても私ならわざわざレビューを書こうとは思わないからだ。

だが買った商品に不満があるばあいは別だ、とことんまでクレームを書き込んでやろうと思ってしまう。

レビューなんて金を払えばなんとでもなる、ネットのレビューなんてそのサイトの運営者ならいくらでも操作できてしまうだろう。

参考にはなるかもしれないがやはり本当にあてになるのはネットではなくリアルな知人からの口コミだ。もちろんその人間が参考になる人間かどうかというのはあるかもしれないが少なくともそこを判断できるという点でもネットよりリアルの方が勝っているのである。